ソレント半島とヴェスヴィオ山国立公園の野菜

動物と野菜を守るために、1995 年にヴェスヴィオ国立公園を作られました。溶岩の土壌が多くの認定をいただきました。例えば、IGP と DOP を受けている。溶岩の土壌で、窒素とカリウムは気候と一緒に、自然の肥料を生成しました。ミールイタリーはここに作物を作る。この目的のために、自然に耕された土地から提供されたふさわしい生産物を求めています。広い範囲の農業製品のなかから手作りの卓越したものを選び、名物に適したものに焦点をあて、すべての製品と保存サイクルについて保障することで伝統的なものだと認めています。ピエンノロートマト IGP 、アプリコット、フリアリエッリ、ペパロニ、チェーリが一番有名です。

ソレント半島

ソレント半島には高い丘と海があります。ここにオレンジの木、レモンの木、オリーブの木とブドウの木を生産させる。農産物の栽培のために、ソレント半島は理想的な領土です。

ナポリのブロッコリ ̸フリアリエッリ

ナポリのブロッコリ の味は少し苦いです。名前の由来はまだわかってない。でも、フリアリエッリの意味は「ブロッコリの冬」です。ブロッコリ ̸フリアリエッリ はナポリの料理に作られました。

焼き茄子

1300 年にアラブ人はユーロパに茄子を持って来ました。前世紀にイタリアに茄子を持って来ました。有名食事はパルミジャーナです。茄子は、低カロリー·低脂肪を持っている。

ストリップの茄子

有益な特性と利尿と浄化及び抗炎症のために、茄子は健康の友達です。
低カロリーの食事のための、茄子を使ってもいいです。

ズッキーニのロンデッレ

中央および南アジアで発信、ズッキーニは、16世紀の周りにヨーロッパへの参入を行い、現在、多くの料理の準備で使用されている。ズッキーニは、強い味があり、多くの有益な特性を有し、90 %以上の水のために作られている。ズッキーニの中に、カリウム、ビタミンA、ビタミンC、カロテノイド、ビタミンE、および葉酸が豊富である。ズッキーニは下剤と、抗炎症、解毒と利尿特性を有する。ズッキーニは(100 グラムあたり 18 キロカロリー)カロリーが低く、減量ダイエットに最適です。

ペパロニ

クリストファーコロンブスはアメリカでピーマンを発見し、他の国でそれらをもたらした。ペパロニの中に、カリウム、ビタミン A 、ビタミンC、カロテノイド、ビタミンE、および葉酸が豊富である。ピーマンは三色を持つことができ、それぞれが異なる特性とプロパティが含まれています:緑の一つは、精製及び利尿があり、赤は、強力な抗酸化物質で、黄色のは、フリーラジカルと戦うのに役立ちます.

ペパロニ

クリストファーコロンブスはアメリカでピーマンを発見し、他の国でそれらをもたらした。ペパロニの中に、カリウム、ビタミン A 、ビタミンC、カロテノイド、ビタミンE、および葉酸が豊富である。ピーマンは三色を持つことができ、それぞれが異なる特性とプロパティが含まれています:緑の一つは、精製及び利尿があり、赤は、強力な抗酸化物質で、黄色のは、フリーラジカルと戦うのに役立ちます.

マグロとケーパーのスパイシーパパッチェッリネー

パパッチェッラはペパロニの一種です。それは、新鮮なロースト、焼きまたは他の野菜や肉料理に伴奏として食べることができる。酢ペパロニはクリスマスで食べされている。ナポリで insalata di rinforzo を食べられる。このサラダの中に酢ペパロニと他の野菜があります。

ニンニクソース

ニンニクは、それは地中海沿岸を中心に急速に普及し、アジアとエジプトで増殖させた。現在、イタリアで、ニンニクは4500ヘクタールの上に成長させる。古代エジプトで、ニンニクは 奴隷のための使えられました。でも、ギリシャの医者、「ヒポクラテスとディオスコリデス」ハンセン病、傷、感染症や心臓の問題消化のための推奨しました。

ほろ苦い赤玉ねぎ

玉ねぎの成長は広範であり、世界各国からの料理の料理に風味を与えるために使用食品の一つです。玉ねぎは、古代製品であり、多くの治療的特性を有する。例えば、無機塩およびビタミン(A、B1、B2、PP、C、E)。玉ねぎはカンパニア、シチリアとプーリアで栽培されている。玉ねぎはスープやリゾットや肉のために使えれている。