ソレントのデぜート

歴史と伝統

ブリオッシュに近いケーキにラム酒(あるいはキルシュヴァッサー)風味のシロップをしみこませたババは、18世紀初めにポーランド王の座を追われた後にロレーヌ公に封ぜられたスタニスワフ・レシチニスキ(スタニスラフ・レクチンスキー)のナンシーの宮廷が発祥とされている。
パリのモントルグイユ通りに店を開いたロレーヌ地方出身の菓子職人ストレール(シュトレール、Sthorer)によって、1836年ごろにババがパリの民衆に紹介される。
シェフ Angelottiは1836 年にナポリでババのレシピを持ちました。でも、ババはレーズンとサフランで飾られた。

IGP リモンチェッロババ

ババは甘い焼きサワー種典型的なナポリのペストリーです。その形状が異なる場合があります5-7 cm以上から、いわゆる「mignon」のために、最大35〜40センチメートルの大きさに、あなたはケーキの馬場をしたい場合。クラシックバージョンがありて、チョコレートやクリームや果物のバージョンがあります。

ババオラム

ババは、ピザと一緒に、ナポリ料理の中で最も有名な料理の一つである。馬場を製造するためにそこに非常に多くのレシピやバリエーションがありますが、ミールイタリーはオリジナルレシピを提案した。