ピエンノローのヴェスヴィオ山のトマト DOP

トマトは、中南米で生まれた、でも半ば1500年代にスペイン人によってヨーロッパにもたらされた。南イタリアの気候はトマトに適しています。今日は他の名前のトマトはレッドゴールド “oro rosso” です。

ヴェスヴィオ山の公園でピエンノロトマトを培われる。その形状は “piennolo” 振り子です。味はほろ苦いです。

ピエンノロートマトは200と300メートルの間にテラスで、ヴェスヴィオ火山の斜面に栽培されています。それに、水の非存在下、温暖な天気のために、いい成長が持っている。これに加えて、農民は栽培のために、木の棒やストリングを使います。皮が厚く小さい果実、水分を保つための

酸度と糖度のバランスがすばらしく優れ、

最も「吊り下げられる」保存方法に適していることから、

「在来種ピエンノロ」と名付けられたのです。ピエンノロとは「吊り下げられる」という意味。保護原産地呼称[DOP」「DOP英語]は、その特性が、彼らが生産された領土から本質的にまたは独占的に依存している食品に、欧州連合(EU)で与えられる法的保護の名門ブランドです。DOP「ピエンオロトマト」は2009年に認識された。

保護原産地呼称「DOP」

保護原産地呼称「DOP」「DPO英語」とは、その特性が、彼らが生産された領土から本質的にまたは独占的に依存している食品に、欧州連合(EU)で与えられる法的保護の名門ブランドです。DOP「ピエンオロトマト」は2009年に認識された&oq=保護原産地呼称[DOP」「DOP英語]は、その特性が、彼らが生産された領土から本質的にまたは独占的に依存している食品に、欧州連合(EU)で与えられる法的保護の名門ブランドです。D.O.P製品であるヴェスヴィオ産のピエンノロトマトは、2009年に認定され、高品質な生産物のみを選ぶミールイタリーは、D.O.P認定されたトマトを基本とした一通りの野菜を生産した。

ヴェスヴィオ山 DOP のピエンノロのトマトピュ―レ

トマト は 伝統 に 結ばれる。この伝統はトマトピュ―レ の 準備です。真な儀式だった。この準備は家族で実現しました。家族の毎員は役割を 持っていました。ボトル を 先浄した 人々が あった。「通常つうじょうビ―ルのボトルだった」。それに 熟した果実の選択の世話をした人々があった。この選択は高齢者の専門知識によって 保障されていた。それに 若干の乾燥 を担当した 人々 があった。このプロセス は、パルプ から スキン を 分離 クラフトマシンをとうして 変換を開始する こと が できる。それに ボトル にトマトの ピュ―レ を入れる人々があった。保存に 味を 付ける ために バジル でもいいです。人々が トマト を 料理しまった。正しい 殺菌 のために、 水の大ビン に このクッキングは された。

ヴェスヴィオ山のピエンノロのトマトのパッケテッレ DOP

ヴェスヴィオ山 の ピエンノロ の トマト DOP ナポリ の 古代な 伝統 に 所属 します。 この トマト は ナポリ の ベビ―ベッド で 表せられます。 それに 家 の バルコニ― で 置かれます。
通常、トマトは 新鮮な 食べられます。それに、古代な レシピを 介して ガラス で 保存 される。 このレシピ で トマト パッケテッレ で 「ク―ロブ」切っている。
トマト は 切られます。それに コンテンツ を 決済 する ために、布 の 上 に 殴られます。やっと、次な クッキング と 低温殺菌 の ために、 少し 塩 を 加えられます。 パッケテッレ は 古い時間 の 味 を 記念 します。

スタッフドトマト「マグロ、オリーブ、ケ―パ」

生で 食べても、 ピエンノロ の トマト が おいしい です。
でも、彼ら の 特別な 味 は その他 の 成分 と 濃縮する ことができる。

ドライトマト

このトマトは 南イタリア の 農民 の 製品 です。 ドライトマトは この土地の 太陽 を 表します。
ゆっくり乾燥 は、自然の 脱水 を 介して、 官能特性 を 保存します。