地中海の魚

チェタ―ラ

アマルフィ 海岸 は ユネスコ に 世界遺産に 宣言された。結晶質の海花のテラス、美しい村 と この 地球 が 特別 です。片岩 の 村々 の中で チェタ―ラ が 目立ちます。チェタ―ラ の 名前 は  CETARII 「漁村」か CETARIUM「仕事の場の魚」から 来ます。チェタ―ラ で 料理 の 歴史 が あります。これは この 土地に スロ―フ―ド駐屯地 を あげました。ここで アンチョビ の 釣り と 魚の保存 や加塩 が 開発された。そう アンチョビ の ソ―ス は 誕生された。

チェターラのアンチョビ

アンチョビ は 古代な きげん を 持っている。揚げ食べることができる。それに 塩 やオイルの下に 保存することができる。やっと、そう有名な アンチョビ の ぺ―スト は 誕生します。 この ペ―スト はカナッペ や ソ―ス のために 結構です。 アンチョビ は アミキリの家族 に 所属します。アンチョビ は オメガ 3、タンパク質、リボフラビン、ナイアシン、カルシュ―ム、鉄、リン、セレンの豊富です。

アンチョビのソ―ス

有名 ソ―ス は、3月 から 6月まで、 サレルノ湾 の アンチョビ から 得られる。 この期間中に、 アンチョビ は 少ない脂肪が含ます。そう 塩の下に 保存することができる。議事録:魚は すぐに頭、内臓を奪われる。その後 塩の層を 交互 に 頭/テ―ル に 配置される。やっと、 オ―ク材 の 木 木製 の 容器 に 保存される。 この 容器 の 名前は、 テルツィ―二ヨ です。この 容器 は フルとき、木製 の ヂィスク で 隠ぺいされる。時間のともに アンチョビ は 液体 を 失います。この 液体は 容器の上部 で やってきます。やっと 、濃厚作る ために、オ―ペン有機 に 日光にさらた。4/5 月の後で アンチョビの準備 が しまった。 液体 は アンチョビ 上に注がれる。それに, 液体は 魚と塩の層を通って流れる。やっと、液体は穴を介して 集まる。この穴は 有機の底部に あります。

アンチョビのソ―スのペ―スト

アンチョビ は おいしい だ とき 、他の本物な味と結婚することができる。ミ―ルイタリ― は レシピ の 毎製品を 選択します。この場合、カンパニア 100% の 典型的な製品 を 作りました。

地中海のマグロの切り身

チェタ―ラの ポ―ト で 全国 の マグロ の 艦隊 あります。この 艦隊 は 25船 から 構成される。マグロ 漁業 は 年の暖かい季節、5月から7月まで、される。この 期間中に、チェターラ の 船は、おいしいクロマグロ を 見つける ために、 地中海 に 旅行します。この種の釣が 制限された。EU は捕獲枠 を 修正した。アジア市場 からの強い 要求 が ある から、この種は 危険性 がある と 考えている。

マグロのボッタルガ

ミ―ル イタリ― は 挑戦 を 愛します。この ボッタルガ の ために、 手に 入らないマグロを 選びました: 地中海 のクロマグロ!この 特別なボッタルガ は 年間非常に 少数 の ユニット を 生産します。