Mミールイタリーは、ローマ帝国の何千年もの歴史や、カンパニア・フェリックスに注目することで、中世の伝統や味に対する情熱に価値を与えている。 それは、単に我々の仕事というだけではない。我々は、時代の中で味よりも利益を追究した動きの激しい交易によってほぼ完全に失われてしまった我々の土地の作物の本当の味を再発見したいと考えており、これは我々の祖父母が伝承してきたようなイタリアの料理に関する文化を再び世に示すことにもなるのである。 我々は、もっぱら“美しき土地”のような損なわれていない土地の素晴らしさを世にお見せしており、品質と味を保つために、その土地の素晴らしさを保つことに全神経を注いでいる。 我々の生産物は、DOP商標やIGPで証明されているが、我々のとても厳しい品質テストを通過するに違いない、誇るべき作物を収穫できるような特質をもたせるために慎重に選択され管理された土地で育てられている。 さらに、あなたたちの食卓に上がるまで味が損なわれないよう保つために、厳しい食品安全プロトコルに基づき、モニターでの監視が作物の箱詰めや貯蔵まで継続して行われる。 そして、我々が提供する生産物に対する注意や手入れは、あなたたちに提供するものに対して我々が持つ配慮を理解してもらおうとする“服”で終わりとなる。 つまり、ただ“イタリア産”を主張するのではなく、専用の素晴らしい土地で育てられた作物によって、本当のイタリアを味わってもらうことを提案しているのである。 今年初めて、10月10日から14日の間にドイツのケルンで開催されるアヌーガ2015で我々の生産物が紹介される予定である。我々のスタッフは、ピエンノロトマトの純良さや、ソレントの柑橘類の繊細さ、ソレント半島のエクストラバージンオリーブオイルの上質さ、グラニャーノのパスタの独特など、こんなに豊富でありながら唯一無二である料理の伝統を我々が誇りを持って紹介できるような作物を、あなたがたに試してもらうために働いている。 我々は、あなたたちが本物の香りを嗅ぎ分け、真のイタリアの味を知ることを確信している。